ゼニカルという脂肪燃焼効果のある薬について

2020年03月03日
お腹の脂肪を気にする女性

食事量を減らしたり運動をしてみても全く効果が出ない、痩せられないという場合には、今痩せる薬として注目されているゼニカルを試してみるのも一つの手です。アメリカ食品医薬品局で認可を受けている有名なダイエット薬であり、肥満治療にも取り入れられています。

ゼニカルの特徴は、摂取した食事の脂質だけを効果的にカットできる、という点にあるでしょう。食事から体内に入った脂質のうち、およそ30%の吸収を防いでくれるという画期的な薬です。健康的にダイエットを行うためには、カロリーだけでなく栄養バランスにも注意を払わなくてはなりません。ただ食事量を減らすだけ、といった方法では健康に必要な栄養素が不足してしまう恐れがあります。体に必要な栄養をしっかりと摂取し、カロリーや脂質だけを通常よりも少なくする、というのは非常に難しいものです。脂質の吸収だけを防いでくれるゼニカルを使えば、バランスの良い食事を取りながらダイエットを行うことができるでしょう。

なぜこれを飲むことで脂質の吸収を抑えることができるのか、その理由は有効成分の働きにあります。ゼニカルの有効成分は、脂質を分解するリパーゼという酵素の働きを阻害する効果を持っているのです。分解されなかった脂質は、体内に吸収されることなく排泄物とともに体外へと排出されていきます。

痩せる薬として評判を集めているゼニカルですが、その効果は脂肪の燃焼を促進するといったものではなく、食べたものに含まれる脂質をカットする、というものです。このため脂質が少ない食事を摂った後に飲んでも、ダイエット効果を得ることはできません。たとえばダイエット中なのに外食をして脂っこいものを食べてしまった、そんな時に最適な薬だといえるでしょう。有酸素運動などで脂肪の燃焼を促進しながら、脂質の吸収を抑制していけば、効果的に減量を行うことができます。

世界各国で使用され、病院でも処方されているゼニカルは、非常に信頼性の高い薬だといえます。服用してから30分程度で作用が発揮されるという即効性も、多くの人に利用されている理由の一つでしょう。優れた効果を持つゼニカルですが、副作用があらわれることもありますので、服用時には用法や用量をしっかりと守ることが大切です。

ゼニカルの主な副作用は、油分を含む便が出ること、おならの回数が増えることなどです。吸収されなかった油分が排出されるため、排泄回数が増えることもあります。またその性質上、脂溶性ビタミンの排出を促進してしまうこともあるため、長期に服用する場合はビタミン剤と併用した方が良いでしょう。

ゼニカルは病院で処方されているほか、海外医薬品の通販サイトでも取り扱われています。病院で処方を受けると、診察費用等が必要となりますが、通販サイトからゼニカルを購入すれば製品の価格のみで入手が可能です。なるべく安い価格で入手したいという場合には、海外医薬品を取り扱っている通販サイトを利用するのが良いでしょう。